自動車税のことに言わないという場面もしばしば見られます

-

-

自動車を所有する人であればご存知だとは思いますが、自動車税というものが徴収されます。

それでこれは、手放す自動車の売却の際に一般に還付されるお金なのです。

やってみると直ぐに覚えられますが、一つずつ順番に出来るだけわかりやすく説明していきます。

ちなみに記載させて頂けば、国内のクルマのみが対象ではなく外車などでも税が還付されることになっています。

当然ですがクルマなどもそうですね。

自動車税は自動車の所有者が払わなければいけないものなのですが、これは車の排気量の大きさによって規定されています。

1リッターより小さいなら29500円となり、1リッターより上で1.5リッターの場合34500円。

これからは500ccずつ5000円増加します。

そしてこの税金は4月1日の時点の所有者が以後一年分の自動車税を納めるという決まりになっています。

つまり事前納付ということなのでもちろんクルマを買取してもらって所有権を失った際ではその分の税額は還付されるというわけです。

この自動車税の場合は事前納付で以後一年分の全額を納めるので年度内に車を売ったときは、新たな保有者がこの税を納めなければいけないのです。

売却相手が買取専門店でしたら、買い取り時に自分が前払いしている分のお金を返してくれます。

まとめると、所有権が移転された時より後の自動車税は、入れ替わった保有者が納付義務を負います。

例えばあなたが10月中に自動車を売却した際は、11月から来年3月中までの税金は返還されます。

というのも、前述した通り自動車税は一年分を先払いしているということから来ています。

ということはあなたは買取先に払いすぎた税金を返還してもらうということです。

個人間で自動車を買い取ってもらうときに何気にこのような大切な事実に気付かない方がいますのできちんと確かめるようにしなければなりません。

自動車税が車を売却すると還ってくることをあまり知っている人が少ない事を利用して、その事実を悪用している悪徳業者もいます。

自分から自動車税の返金に関して話を切り出さなければ、自動車税のことに言わないという場面もしばしば見られます。

そのため自動車の買取をするさいには払いすぎたお金が戻ってくることをチェックすることをおろそかにしないようにしましょう。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.best-mafia.com All Rights Reserved.