入れることが大切です

-

-

思いつきもせず急に出会うのが車の事故です。ハーブガーデンシャンプー

ここでどのように判断したことにより保険金の支払金もかなり大きく差が出る時もあるので適切な決断と対応が大事です。

考えていない出来事に出会って平静さを失ってしまったならば対応を忘れてしまい、それから自身が損を負う場面もありえるので乗用車の事故に巻き込まれた時には冷静に次の処理をしましょう。

事故をした場合に最初にする事は怪我をした方がいるかどうかのかを確認する必要があります。

車の事故の後は気が動転するあまり喪心状態になってしまうことがありすぐに対処できないのが現実です。

怪我をした方がいたならば安全なところへ移動してから手当てをし、周りの人に助けを求めるようにして要救助者最優先に努めることが大事です。

119番通報する時には適切な事故の場所を知らせて、分かりにくい場合には周りの有名なスーパーや場所名を連絡して事故が発生した場所を特定できるようにします。

その後に警察に通報して自動車事故があった事、現状を説明します。

救急車とパトカーを待っている時間に負傷者のことを確認します。

名前、住んでいるところ、連絡先、免許車のナンバー事故の相手の保険会社等相手だけでなく自分の身元をやり取りします。

この時に事故相手に不手際が存在する場合はその場所でやり取りしようとする場面が考えれますが即刻片付けるのではなく、どんな場合でも110番や車の保険会社通報して、きちんと調べてもらう事が必要です。

関係者の連絡先をやり取りしたら交通の障害にならないように障害となる物を道路の上から取り除きます。

もしも邪魔な物が他者の自動車の妨げになっている時には相手と自分の情報を交換する以前にこの作業を完了させても構いません。

自身がお金を払っている車の保険会社に知らせ交通事故が発生したことを報告します。

車での事故から一定の時間内に自動車保険の会社に知らせておかないと交通事故の保険の適用除外にされる場面も想定されるので時間が出来たら素早く連絡を入れることが大切です。

出来たら現場の形跡として、デジタルカメラやタブレット等で事故現場や自動車の破損を見ることができる写真を撮っておきます。

これは責任の割合決定する時にかなり重要な役割とできますので自らの愛車や先方の自動車の破損をしっかりと証拠写真として残しておいてください。

この場面で近くに人がいたら警察や自動車保険会社の人が来るまでその場にそのままいてもらうように頼むのも忘れないようにしてください。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.best-mafia.com All Rights Reserved.