どういう場面で休むといいのでしょうか

-

-

実際にノートパソコンのディスプレイの前に座って、絶えず上がったり下がったりしている為替相場を見ているとすぐに売買をしなくてはいられないという欲求が沸き起こる場合も少なくないと思います。刑殺

だがしかし、ぼんやりした感覚で注文することは、避ける必要があります。ラーメン二郎 京成大久保店

事実、市場は終日、いかなる時でもいずれかの国の外国為替相場が変動しているし、為替相場も常に、変動しています。マカ&クラチャイダム12000

とは言っても、闇雲に売り買いをすると、その分だけ損をする危険性が高まってしまう。http://www.sakusakura.jp/

当然の事ながら、トレードの数を積む事でトータルで勝利する確率か50%、50%になるのは事実です。レモンもつ鍋

でもこれは「なんとなく思いつきでトレード」してしまうこととは別の話です。

売り買いの回数を積むということは自ずから「ここは!」と思いついた勝算を持った場面での注文回数を積み重ねるという意味です。

特段の理由も無く、のべつ幕なし取引を積み重ねるのとはかなり違います。

外国為替相場の勝負に敗北しないためには己で考えてけじめをつけることこそが大事です。

「ここだ!」と思った為替相場の時にはいっそのこと所有ポジションを積み増して徹底的に儲けを求めます。

「かなり難しい相場でどう上げ下げするのか読めないな」と思ったならば、売買ポジションを閉じて放置します。

それぐらいのけじめがあったほうが、最終的にエントリーは勝利します。

市場の名言には「休むも相場」という言葉があります。

まさにその通りです。

FXとは、ポジションを保有する事がすべてではなくどのポジションも所有せず静観していることも外国為替相場です。

では、どういう場面で休むといいのでしょうか。

最初に言われるのが先述した通り、今の為替相場が明確に良く見えない時です。

これからドル高になるのか、ドル安になるのかが判断できない時は、思いつきで行動すると、自分自身の思った台本とは逆方向に為替相場が推移してしまい損失を被る事になります。

そんなケースではポジションを減らしてそのままの状態で見ているだけが最良の選択です。

2番目に、自分自身の体の具合が思わしくない時です。

健康状態と外国為替相場につながりがない思う人もいると思いますが案外関係がある。

体の状態が悪い時は、外国為替市場の判断しなければいけない場面で必要不可欠な決定をする事が難しくなります。

気分が乗らない時は、FXから離れてみるのも大切な事です。


Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.best-mafia.com All Rights Reserved.