www.best-mafia.com

-

-

自己破産を行うと知り合いに露見してしまうのではないだろうか…というように心細く真剣に思っている方がいらっしゃるようですが、破産の申告を実行しても司法機関から勤務先に書類が直接いってしまうことはあり得ないので、通常のケースの状況なら露見してしまうことはあり得ません。又は、一般的な事案ならば自己破産の手続を実行した後ならば、借入先から自分の上司に督促の手紙が送付されることもありません。ただし債務整理の申し立てを公的な機関に行ってしまうまでの間は消費者ローンから自分の上司に手紙が送られることもないとは言えませんので、それが引き金となってばれる可能性がありますし、給料の差押えを実行されてしまうと当然上司に発覚するという事態になってしまいます。このような不安があるのであれば、専門の司法書士あるいは弁護士などに破産申告の依嘱をするということを検討するのがよいと思われます。専門の司法書士あるいは民法の弁護士などに頼んでみるのであれば、まず全消費者ローンに受任通知郵送しますがその書面が到着した後借りた会社が債務をもつ人本人に対して直々に督促をすることは禁じられているので自分の上司にばれるという不測の事態はありません。加えて、自己破産申立てにより今の勤務先をやめなければいけなくなってしまうのか否か、という疑問については、役所の戸籍ないしは住基カードなどに掲載されるといった事態は絶対に考えられませんので、一般的なケースだとするならば会社の同僚に発覚してしまうことは考えられません。たとえ自己破産というものを申請したことが上司などに秘密が明らかになってしまったとことろで自己破産申請をしたからといって勤務先から辞めさせるなどということはあり得ませんし、辞めてしまう必要も当たり前ですが、ないと言えるのです。それでも、自己破産の申告が上司などに秘密が明らかになってしまい、会社に居づらくなってしまう辞職してしまうケースがままあるというのも一方では事実と言えます。給与の仮押えに関しては民事執行法の中で差押禁止債権という取り決めの中で給料・賃金などというものを規定されておりそのような金については25%しか差押を認めてはいないのです。よってこれを除く75%を押収するということは法律的に許されていません。加えて、民事執行法においてはスタンダードな社会人の必須生活費を算出して政府の発令で水準(三十三万円)を定めているため、それを下回るケースは25%のみしか強制執行されないように制度が作られています。なので借金を持つ人がその金額以上の賃金を稼いでいるとすれば、それより上の給料を全額接収することができると定められています。ただ、自己破産に関する法律の改定によって免責許可の申立てがあり、自己破産申立と同時に免責が決まる同時破産廃止適用などの処分が確実になり、自己破産申告の終了がなされていれば、借金の免責が認められ確定的になるまでに関しては、破産を望む人の財に対して強制執行または仮差押・仮処分の適用などが許されなくなるのですでになされている強制執行などに関しても停止されるというように変わったのです。さらに、債務の免責が確定、決定された時には時間をさかのぼって実行されていた強制執行などは効力を失するのです。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.best-mafia.com All Rights Reserved.