www.best-mafia.com

-

-

自己破産申請は自身の都合で一部分の借りたお金を除外して行う手続きは通りませんのでローンや親族などの連帯保証人が存在している貸与されたお金を除外した自己破産に関する申告はできないのです。数十年残っている住宅ローンがまだ残っている状況で破産の申請をした場合自分の部屋は接収されてしまいますから数十年残っている住宅ローンを支払いつつ(マイホームを守りながら)負債を返済していきたいならば民事再生という手段を用いるのが賢い方法です。一方で親族などの保証人の記載されている負債がある場合に債務を負った人が自己破産手続きをしてしまうと、連帯保証人のところに直に返済請求が送られてしまいます。なお、所有権のある家財(ビル、マイカー、株券ないしは各種保険など)は、例外無く接収の対象として扱われてしまうので、絶対に持っていかれたくない家宝が存在するという方の場合や自己破産手続きをすると業務停止になってしまう資格免許で働かれている方の場合、違った借金整理のしかた(債権者との和解による任意整理や特定調停といった方法)を選ばなければなりません。さらには賭け事やお金の無駄遣いによる返済義務のある借金を作った場合だと自己破産の目的である免責(負債をなかったことにするお墨付き)が適用されないということも考えられますので別の返済の方法(特定調停手続、債権者との和解による任意整理ないしは民事再生による借金の圧縮)なども検討していくことが必要になることもあると考えられます。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.best-mafia.com All Rights Reserved.